ご挨拶

これからの時代はロック・ジャズ・ポップス専門の4年制音楽大学が必要

 
私達は2022年9月を目途に福岡に日本初の「ロック・ジャズ・ポップス専門の四年制音楽大学」設立を目指しています。
現在ロック・ジャズ・ポップス系の音楽教育は主に専門学校が行っています。しかし最近の製品化された音楽には、理論的に間違った音があったり、作編曲に不具合があることが年々増えています。それにメジャーデビューばかりが強調されるため音楽の世界には、やりがいのある様々な仕事や進路が沢山ある事を学生が知りません。その結果、音楽業界に適正な人材が不足しています。私はその事を危惧しながら音楽学校を28年間運営してきましたが、現状が好転しない今こそロック・ジャズ・ポップスの専門教育を、責任と自覚を持った四年制音楽大学でしっかりと学べる環境を若者に与える必要があると考えます。また、音楽芸能の都市・アジアの玄関口と言われる福岡は日本で初めての本音楽大学を生み出すにふさわしい場所です。本構想につき、各界のご支援を賜りたく、お願い申し上げます。

 

 

 
 
 

本音楽大学は三つの力強い教育コンセプトを持っています。

–音楽制作教育–
音楽の世界はメジャーデビューだけが仕事ではなく、いろいろな重要な仕事が音楽業界にはあることを知らせます。そして演奏能力だけに留まらず演奏能力・作編曲能力・レコーディング能力の三っつの要素を合わせた音楽制作を学ばせます。その技術を持った学生こそ卒業後、即戦力として音楽業界の様々な場所で活躍出来るようになります。

–音楽の公共的な役割と高齢者福祉の研究及び教育–
学生ひとり一人に福祉における音楽家の役割を学び、その役割を実践できるような教育を行います。そのために大学の敷地に隣接して「子供園」・「老人介護施設」・「障害を持つ学生の寮」を設け、日常的に高齢者や子供達と接することでの効果や福祉における音楽の役割の実践研究を行い、音楽の公共的役割を認識した音楽家を育てます。

–語学教育–
アジアの玄関口である福岡の地から世界の音楽の世界に羽ばたくために、語学教育に力を入れます。特に「英語」「中国語」から選択し、卒業時には完ぺきな語能力を身につけます。そのために一部の授業は、英語や中国語のみで行います。たとえば、バンドアンサンブルレッスンを英語のみで行い、外国人との完ぺきなコミュニケーション能力を身に着けます。英語や中国語の語学能力がしっかり身についていれば、卒業後の就職において、音楽業界以外の場所で活躍することも十分可能になります。

PAGE TOP