福岡にロック・ジャズ・ポップス専門の音楽大学を作る会

現在、ロック系の音楽教育(主に専門学校)は成果を上げられず、むしろ後退すらしています。
発売されたCD等に、理論的にありえない音が混在しているケースも多々あります。 
この現象は、ミュージシャンやプロデューサーも含めた音楽制作産業全体の人材不足と音楽力の低下が原因です。

このことは20年以上前から言われ続けており、さらに追い打ちをかけるように、
デジタル技術によりアナログ技術が忘れられようとしています。これも大変に危機的な状況です。
このような様々な問題が放置されたまま、ますます混迷を深めているのが現代音楽教育の状況といえるのではないでしょうか。
今こそ、ロックやジャズ・ポップスの専門教育を、責任と自覚を持った音楽大学でしっかりと
学べる環境を若者に与える必要があると考えます。

昔から福岡は音楽芸能の都市と言われるほど音楽活動が盛んな街であり、
九州全地域から若者が集まります。
その結果、ライブハウスやリハーサルスタジオ、レコーディングスタジオなどが数多く集積しています。
都市全体が若いミュージシャンの活動の場として機能しているのです。
そうした多くの若者に対し、ロック・ジャズ・ポップス専門の音楽大学として、
専門教育と活動支援を展開することで、日本中の若者が九州に集まり、
より良質な音楽が九州から生まれる事が大いに期待できます。

ABOUT COLLEGE of MUSIC

Greeting-ご挨拶-

音楽大学設立に関する私たちの思いをご紹介いたします。

音楽大学案内

音楽大学設立予定の場所、館内の様子、学部、学科のご案内です。

お問い合せ・資料請求

音楽大学設立に関して資料のご請求お問い合せはこちらから

音楽大学設立準備室からのお知らせ

information

Members only page

定時総会他資料

定時総会他資料

設立に向けての準備委員会会議議事録、収支報告等をご案内いたしております。-PDFデータ-

ご意見・ご要望

ご意見・ご要望

会員様専用のフォームです。お問い合せ・ご意見などをお寄せ下さい。

私たちの目指す大学は、幼児や若者や高齢者そして
障がい者がいっしょに快適に生活や学習ができ、
周辺市民も気軽にすごせるるような、
市民と共有できる環境作りを目指します。
そのために、大学の校舎本部棟(鉄筋コンクリート)を
中心として回りに木製ドーム教室(直径11m)を7棟配置。
その周りに施設を一周する遊歩道を設け、
樹木やベンチを多数配置し公園の様にする。
さらにその周りに子供園・老人養護施設・学生寮・
障がいを持つ方の為の学生寮・ホール・レコーディングスタジオ・
体育館・を併設し、それらの機関が連動し、
近隣市民も参加する相乗効果を目指した、
学園都市にしたいと考えています。
本構想につき、福岡を中心とした九州全体の、
音楽関係者・各界のご支援を賜りたく、お願い申し上げます。